ギタリストのための機材雑記

ギター歴15年の機材オタクによるエフェクター紹介ブログです

OVALTONE 34xtreme

みんな歪みってどうしてるの?

オーバルトーンのディストーションの画像

全ギタリストのみなさん、ギターの歪みっていつもどうしてますか?
家だとアンプで鳴らせないのでアンプシミュレータで作っている。行きつけのスタジオではOrangeをレンタルしているが、ライブでは備え付けのフェンダーを使っているとかあると思います。

 


本当に最高なのは、自分にギターテックがいて、好きなヘッドアンプをどのシチュエーションでもセッティングできる事だと思いますが、世間一般の社会人や学生には移動・コスト面を考えると現実的ではありません。

歪ませ方 良い点 悪い点
アンプ 音が最高にいい 高すぎる/持ち運びに不便
アンシミュ 音の再現性がある システムが複雑になる
コンパクトエフェクター 値段が安め 音がアンプに劣る

僕の場合

以前はコンパクト・エフェクターの歪みを一切信用しておらず、所詮チューブアンプの音には及ばないと考えていました。
しかし、スタジオやライブハウスにあるチューブアンプは同じマーシャルでも真空管の具合やスピーカーの位置などで音色が左右され、セッティングに時間がかかるのがストレスでした。そのため、自宅で丁寧にline6のpodx3の音作りを行い、スタジオ・ライブハウスではアンプのリターンやミキサーにアウトプットして演奏していました。

コンパクトエフェクターが必要になってきた

多くのギタリストのように、マーシャルのインプットにシールドが刺さっておらず、中音もモニターでしか確認できないので演奏していて気持ちよくないのです。
しかも、当時いろんなバンドに誘われたのでコーラスやディレイ、オクターバーなどが必要になってきてコンパクトエフェクターで音作りを完結させる必要性が出てきたのです。
マルチエフェクターやアンプシミュレータは大掛かり過ぎて持っていくのめんどくさいし!

「マーシャルのクリーンにつないで歪ませるだけでアンプライクな上質のディストーションがあればなぁ〜」

それからは、googleで「ディストーション アンプライク」だとか
「アンプライク マーシャル」で検索しまくっていろんなディストーションを買っては売りを繰り返しました笑

見つかった!!!Ovaltone 34xtreme

最終的にたどり着いたディストーションペダルがこちらのOvaltone 34xtremeです。
外観からプンプンマーシャル感しますね。
この動画で使っているのでご視聴ください。

オーバルトーン34xtremeの画像

前述の通り、僕はディストーションサウンドに対してこだわりがとても強いです。
真空管で歪ませたギターサウンドが一番良いと思っているし、対バンするときもまずギタリストのディストーションサウンドに注目します。
ヴァンヘイレンやガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュのように「乾いてる感とサスティンの両立」「ギターそのモノの音色がしっかり反映される」「でもかっこいい深い歪み」が重要でした。
つまり気持ちよく歪んでシングルコイルとハムバッカーの差分がうまく反映されるディストーションがほしかったのです。
この34xtremeはヴァンヘイレンの1stアルバムのギターサウンドがでます。
アンプのセッティングはマーシャルjcm900をクリーンに設定するだけ。onにするとまるでアンプをディストーションチャンネルにしたかのようなリアルなディストーションが鳴ります。
宅録するときもpodx3をmarshal jcm900のクリーンに34エクストリームの歪みでやってます。

podx3の音作り、クリーン

podx3のイコライザー設定


これによって自宅、外問わず理想の歪みが作れるようになったのです。
具体的に名前を上げるのもナンセンスなんですが、かっこいいディストーションが頻出する曲ならなんでも使えます。
B'zとかUverworldとか、フラッドオブサークルとかキートークとかONE OK ROCKとかACIDMANとかね。ここらへんのバンドをコピーするギタリストは絶対買っておきましょう。

値段

値段は新品で32400円。正直この音が作れるなら安すぎるくらいです。手作業でオーバルトーンさんが作っているのでいつなくなってもおかしくない。
どこにでも通じる最高峰のディストーションがほしい人は絶対に買っておきましょう。生産終了になって手に入らなかったらきっと後悔しますよ。